FC2ブログ

ピザ竈

<script language="JavaScript"> var rf; ref=escape(document.referrer)+""; if( (ref=="undefined") || (ref=="") ){ ref="bookmark";} document.write(''+ '<a target="_blank" href="http://fc2.com">'+ '<img border=0 src="http://www.sugoicounter.com:10000/cgi-bin/counter.gif?'+ 'id=296400'+ '&page=1'+ '&ref='+escape(ref)+ '&x='+screen.width+ '&y='+screen.height+ '&cols='+screen.colorDepth+ '&uniq=0'+ '&cnt=1'+ '"></a>'); </script> <noscript> <div align="right"><a href="http://fc2.com/">無料</a><a href="http://fc2web.com/">ホームページ</a> <a href="http://blog.fc2.com/">ブログ</a>(<a href="http://blog.fc2.com/">blog</a>)</div> <img border=0 src="http://www.sugoicounter.com:10000/cgi-bin/counter.gif?id=296400&page=1&uniq=0&cnt=1"> </noscript>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

亀田の柿の種

柿の種を食べると必ずピーナッツが残って、「くっつけろよ!」などと無茶な事を日々思う某195です、皆さん久しぶりですがいかがお過ごしでしょうか。

4月10日からセクシーボイスアンドロボにはまってしまい、いまだにそれをBGMにしながら絵を描いてます。
全話見終わったらまた一話から…という、無限ループから抜け出せない。
ああ?ロボ?
あぁ?ニコォ?



という感じの俺が、久しぶりにセクロボ以外のものを観ました。

こないだ11日に、格闘技全般(に限らずスポーツ全般)に全くといっていいほど興味のない俺が、初めて自主的にボクシングに噛り付いて観てしまいまったのです。
まぁ、理由は

亀田負けろ。

ということなのですが。

亀田一家のことは(妹は見たこともないので除く)個人的に非常に好きではないので、好きではない事をわざわざ述べてもなんだかなー、しかも、このご時世流行に乗っかってなんだかなーみたいな感じで、書く気が余りしなかったわけだけど。

前から気になってる事がある。

妹だ。

俺は亀田関係のテレビはほとんど見た事がないから存在しか知らないが、あの親で、あの兄貴で、妹はどんなだろうと、非常に気になるわけだ。
何も知らない無知な状態でのこと、非常に危険なことは承知のうえで
妄想が止まらない。
ロマンティックが止まらない。

亀田幸恵(仮名)は、兄貴たちにさげすまれ、父親に罵倒され生きてきた。
女は家にとどまり、男の影になって一生を暮らすのだと叩き込まれた。
しかし、彼女にはずっと疑問が付きまとっていた。
彼らの生き方は何か違う気がする。
あたしは、彼らとは全く違う生き方をしたい。
「あたしはこの家を出たい」
父に自分の思いを告白する。
しかし、父は「何言うとんのや。おまえが独りで生活できるわけないやろ。飯作れや」
などと、取り合ってくれない。
でも、この家を出なければ何も始まらない気がする。このまま、ずっと、何もせずに一生を終わるのは嫌だ。
幼い頃からの思いは、歳経ていくにしたがってますます大きくなって行った。
抑え続けられた幸恵の思いは、やがて大きく爆発する。
それは、中学に入って間もない頃だった。
「父ちゃんも兄ちゃんたちも、あたしの存在を否定してる!否定され続けるなら、あたしはこの家にはいられない」
「何やとこの、女の癖してからに」
罵倒と、折檻。
どうあがいても逃れられれない運命に、幸恵は泣いた。この家を出るには、一つの方法しかなかった。
それは、父と兄たちよりも、強くなること。
彼らを倒さない限り、自分には自由はない。
そう思った日から、幸恵の顔から涙が消えた。
父や兄たちとは違う、正攻法からの技の習得。
いつまでも道を外れ続ける彼らに、やれる最大の反抗だった。道を外れて勝つことに意味はない。そしたら、彼らと同じになってしまう。あくまでもルールを守った上で、彼らに打ち勝つ、それが幸恵の信念だった。
どれ位の月日が経っただろうか。
兄たちが寝静まった後、ボクシングの試合のビデオを繰り返し見ながらジムで痛めつけた体は、既に昔の面影をなくしていた。
幸恵は、兄たちのところへ行き、こう言った。
「兄ちゃん、勝負や。あたしが勝ったら、この家、出て行くから。もう、あんたらとは一秒でも一緒にいとうない」

これが、後にマスメディアを巻き込む大きな戦争に発展する、闘いの、幕開けだった。







何だこの、三流少年漫画は。






って、幸恵って誰だよ。

これは完全はフィクションだから、信じるなよ。絶対に信じるなよ。

想像図。
20071014231916.jpg


燃える!燃えるぞ!








というような事を考えながら、最近グロ画像描いてます。
17枚完成?。
後、43枚!



('A`)
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

  1. 2007/10/14(日) 23:28:21|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

某195

09 | 2007/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。