FC2ブログ

ピザ竈

<script language="JavaScript"> var rf; ref=escape(document.referrer)+""; if( (ref=="undefined") || (ref=="") ){ ref="bookmark";} document.write(''+ '<a target="_blank" href="http://fc2.com">'+ '<img border=0 src="http://www.sugoicounter.com:10000/cgi-bin/counter.gif?'+ 'id=296400'+ '&page=1'+ '&ref='+escape(ref)+ '&x='+screen.width+ '&y='+screen.height+ '&cols='+screen.colorDepth+ '&uniq=0'+ '&cnt=1'+ '"></a>'); </script> <noscript> <div align="right"><a href="http://fc2.com/">無料</a><a href="http://fc2web.com/">ホームページ</a> <a href="http://blog.fc2.com/">ブログ</a>(<a href="http://blog.fc2.com/">blog</a>)</div> <img border=0 src="http://www.sugoicounter.com:10000/cgi-bin/counter.gif?id=296400&page=1&uniq=0&cnt=1"> </noscript>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

続・忍び寄る者

続き?。





















・・ああ、メンドくせぇなぁ・・・



















ごめん、書きます。
長いから覚悟しろ。


ええと、どこまで書いたんだっけ。

そうそう、桜井隆弘(36)ね。
こいつこいつ。
20060511120117.jpg



似てる人がいても俺は謝ら(ry

コンビニなどで販売される弁当を製造している工場で働いている。
両親と3人暮らし。妹が一人いるが、結婚して別に暮らしている。
家と工場を往復する毎日。

その日常の中、桜井隆弘はある日一人の少女を見かける。

平岡里美(16)
20060511122539.jpg


文化研究部に所属する普通の女子高生。
遺跡などが大好きで、この日も調べ物をして帰りが遅くなってしまった。
シャーペンの芯が切れそうだったので、コンビニに立ち寄ったとき

桜井と鉢合わせする。

里美がコンビニに入ろうとしたとき、桜井は出ようとしていた。
扉を開けた格好のまま、身体が固まる。
入店する自分のために開けてくれているのだと解釈して、里美は礼を言って桜井の脇をすり抜けた。
若い女の匂いが鼻腔をくすぐり、セミロングの髪が風をそよがせ桜井の頬をなぜる。

桜井はその少女に一目惚れした。

艶のある肌、滑らかな髪、潤んだ瞳。
桜井の心に、すぐに自分のものにしたいと言う衝動が湧き上がる。
しかし、こんな少女が自分のものになるわけが無い。
可能性の無いのは嫌だった。
そうだ、彼女は人間じゃないんだ。
人間じゃないなら、これは恋愛感情じゃない。
よく見れば、その輝きに満ちた姿は人間のものでは無い。
女神様か何かだ。
だったら、個人のものにするなどもってのほか。
彼女は、恵まれない俺たちのために降りてきた、女神様なんだ。


0.5秒で里美は人間を否定されました。


桜井は、手を触れてはならない女神様だと納得したが
それでも彼女のことは知りたい。
そう、自分よりも上の存在、それが女神であるならば知って当然だ。


それから、桜井はあらゆる方法で平岡里美のことを調べ上げる。

尾行。
ゴミ袋をあさる。
さらに尾行、行動パターンを掌握。

携帯の機種から番号、彼女の嗜好、よく行く店、時には彼女の衣類を盗み、桜井は彼女の情報をつかんでいく。

番号を知ったからといっても、電話をかけるようなことはしない。
直接会うなどもってのほかだ。
それは余りにも恐れ多い行為。
何しろ相手は女神様だ。
俺たちは見ているだけでいい。

桜井にとって平岡里美は完璧な存在だった。
排泄もせず、食事もしない、汚い言葉も使わず、ただ見守り続ける。
完璧な女神。

それでも、何とかして彼女に近づきたい。
そこで、桜井は
里美と同じ携帯電話を買い
里美と同じ時間に起きて
里美と同じ店に行き
里美と同じ音楽を聴いた。

もはや、恋愛感情とは違う信仰心が桜井隆弘を支配していた。
平岡里美のことを知るほど、その女神像はより鮮明になっていき
純潔な、汚れ無い女神が桜井の脳内に完成していた。

いつしか、桜井の部屋は里美の部屋と寸分たがわず同じ部屋に改造されていった。
違うのは、ただ1つ。

壁一面の写真。

巨大なものから、小さなものまで平岡里美で埋まっている。
それは桜井の里美に対する信仰心の強さを表していた。
20060514023614.jpg



おちろん平岡里美は普通の人間だ。
ある時、両親と喧嘩して会話の途中で電話を切ったことがあった。

「ったく、ふざけんな」

何気ない悪態。
それを、桜井隆弘が聞いていた。

それは、女神には許されぬ愚行だった。
なぜ、彼女はあんなことを?
何かに取憑かれたのだろうか?
いや、彼女は完璧だ。ありえない。

だとすれば可能性はただ1つ。

何かが女神に成り済ましている。

許さない。
女神に成り済ますことなど、許されることじゃない。
何とかしなければ。
女神に成り済ますとは、悪魔に違いない。
排除しなければ。


そこは人気の無い公園通り。
やるなら今をおいて無いだろう。
たとえ殺されることになってもやるべきだ。
明日になったら、どっかに逃げてしまうかもしれない。
その前に。
今、目の前にいる、この時に。

桜井は即座に実行に移した。

いきなり背後から蹴り飛ばされ、平岡里美はわけもわからず地面に突っ伏した。
起き上がろうとすると、頭を鷲掴みにされ近くの塀に叩きつけられる。
衝撃が脳を揺さぶり、鈍痛が全身を伝わって震わせた。

いきなりのことに混乱し、傷つけられた恐怖で声が出ない。
呼吸もままなら無い。
手を反射的にばたつかせ、目を泳がせたとき自分を鷲掴みにしている相手が見えた。

見知らぬ男だ。
誰?誰?
襲われていることを自覚し、体内に淀んでいた恐怖が枷をはずされ、呼吸とともにほとばしる。

「きゃあああぁあああああ、ぎぃ!

悲鳴が壁に叩きつけられたショックで途切れる。
それでも、悲鳴が止まらない。

「やあああ!いやああああぁぁぁぁあ、ぐ!

「ふあああ!あぁぁぁあああ、ぎぁ!

「やあああああああああああああ、ぎぃ!

頭をコンクリートの塀に叩きつけられるたびに、悲鳴が切れる。
頭部がしびれて痛みが麻痺してきたとき、死を自覚する。
死ぬの?
殺される?
悲鳴が死の恐怖に飲み込まれ、声が出せなくなった。
抵抗も出来ず、ただ身体をヒクつかせることしかできない。
20060514152132.jpg


死ぬ。

殺される。

殺される。

殺される。

頭が衝撃を受けるたびに、身体がビクッビクッと痙攣する。
全身の感覚が鈍り、股間が濡れた。
痛みが薄らぐと同時に思考も鈍り、何も考えられない。
失禁する身体を震わせながら、動くことも出来なかった。
目を見開いたまま、自分を傷つける男を見るだけ。
見知らぬ男。
私、こんな風に死ぬんだ。
誰かもわからない男に殺されて、人生終わるんだ。

衝撃も、意識も、闇に飲み込まれ何も感じなくなった。


桜井隆弘は興奮していた。
悪魔はこんなに弱かったのか。
そうだ、これは女神様が俺を守ってくれてるからだ。
悪魔を倒すことが俺の使命なんだ。
だから、今の俺は無敵だ。
俺は、選ばれた人間なんだ!

興奮の余り悲鳴を聞きつけた数人の男に取り押さえられるまで、桜井は彼女への暴行をやめなかった。























こんぐらいしなきゃ
真のストーカーじゃないだろう。



って、なんか後半違う話になってるぞ!
ジャンルが変わってますよ?























気にするな、気にしないでくれorz









そうそう。
一応平岡里美さんは助かったことになってるから安心してください。
殺されたほうがよかったと言う奴
表へ出ろ。
ちょっと語り明かそうか・・・。


以下、後日談
「昨夜未明、帰宅帰りの女子学生(16)に暴行を働いたとして桜井隆弘容疑者(36)が現行犯逮捕された。桜井容疑者は大変興奮しており女子学生の頭を塀にぶつけるなどして、全治1ヶ月の重傷を負わせた疑い。容疑は全面的に認めており、動機については「奴を殺さなければ彼女を助けられなかった」などとわけのわからないことを言っているという。殺意や動機については現在調査中で・・・」









今回オチなし。


もう、続かないです
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

  1. 2006/05/14(日) 14:04:51|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

忍び寄る者

仕事場が極端に近くなり、通勤途中の女学生を拝めなくなって、思った以上にガッカリしている某195です。

大地震が起きると言われて既に何十年も過ぎている地震列島に住んでる皆さん、いかがお過ごしでしょうか?







日本沈没、見に行きてぇなぁ・・・・。









いや、それよりも、オニャノコを拝めなくなったと言うのが大問題で。
そんなに大問題ではないのだが、やっぱり悲しいわけで。





話は変わるけど、ストーカーっているよね?
いるよね?って言うと、アレだな。
「宇宙人っているよね?」みたいな感じで、意味不明だな。
正しく言うと、ストーカー行為をしてる人物であって、ストーカーと言う人ではないですね。

アレって、昔によく流行ったけど・・ものすごく疑問に思うことがある。

みんながストーカーだと思ってるアレは、ホントにストーカーなのか?

だってさぁ・・・・例えばだ。

「彼女はいつも気配を感じていた。
誰かが付きまとっている気配。歩いてるときはもちろん、電車の中、学校の中・・。
見知らぬ番号からの電話。受けるとすぐに切れてしまう、不気味な電話。
男は、いつしか彼女の前に現れるようになった。
同じ店に立ち寄って、同じ電車に乗り、映画館でも見た。
明らかに彼女に付きまとっているその男に、彼女は恐怖を感じていた。
差出人がかかれてない手紙。そこには、彼女の行動パターンと、告白の言葉。
あの男であることはすぐに判った。
花束を持って、その男が目の前に現れたとき彼女は思わず叫ぶ。
「誰なのよ、あんた?どういうつもりなのよ!」
男は歪んだ笑いで、「愛してる」と言い、花束を差し出す。
どうやって知ったのか、彼女の好きな花だけで作られた花束。
そしてその時、その日が何であるか、彼女は思い出した。
その日は、彼女の誕生日だったことを

20060510004145.jpg



長ぇ。

それはともかく、ストーカーってこんな感じだな。
女の人を好きになってしまったが余り異常な行動を起こして、相手の気持ちを考えず先走ると言う。

で、こんな風に書いてみるとする。

「彼女はいつも熱い視線を感じていた。
誰かが見つめている気配。歩いてるときはもちろん、電車の中、学校の中・・。
見知らぬ番号からの電話。受けるとすぐに切れてしまう、恥ずかしがりやな電話。
彼は、いつしか彼女の前に現れるようになった。
同じ店に立ち寄って、同じ電車に乗り、映画館でも見た。
明らかに彼女に気のある彼を、彼女は気になり始めていた。
差出人がかかれてない手紙。そこには、彼女をどれだけ見つめてきたかということと、愛の言葉。
彼であることはすぐに判った。
花束を持って、彼が目の前に現れたとき彼女は思わず訊く。
「貴方は誰?何で、あたしのこと・・・」
彼は優しく微笑んで、「愛してる」と言い、花束を差し出す。
苦労して調べたのだろう、彼女の好きな花だけで作られた花束。
そしてその時、その日が何であるか、彼女は思い出した。
その日は、彼女の誕生日だったのだ

20060510004424.jpg





・・・アレ?
なんか恋愛モノですよ?

ストーカーって恋愛モノですか?


誰か、片想いとストーカーの違いを説明してくれ。
「相手による」と言うのは、一理あるがもちろん却下だ。



これが、長年の疑問。
こいつがストーカーだったら、相手の読む本を先回りして読み、彼女の行動パターンを呼んで目の前に現れ続け、挙句に彼女の家まで押しかけ「結婚しよう」などとのたまう天沢聖司君はストーカーということになる。月島雫ちゃんもいい迷惑だ。


耳を済ませる映画のことはどうでもいい。


俺が勝手に思うストーカーにはいくつか法則がある。
ココでは女子高生をストーキングすると言う例で語ってみよう。
相手が女子高生なのは俺の趣味だ。
気にするな。


まずその1。
男はこの女子高生に恋愛感情は持たない。

男はその女子高生を見たとき、体中に電撃が走ったと言う。
普通好きになると「セックスして?」とか「チュッチュしたい」とか思うわけだが、この男の感じたことはそういうものではないと言う。
「彼女をどうこうするつもりはなかった。
見たとたん、汚れない彼女の姿を見て女神に見えたんだ。
汚れた存在の俺が、彼女に触れていいはずがない。
一緒に並んで歩くなど、もってのほかだ。
付き合おうとは思わなかった。
ただ、彼女はそこにいるだけでよかったんだ」


その2。
女子高生は男にとって「偶像」でしかない。

アイドルと同義かと思ったが、ちょっと違うらしい。
男―桜井隆弘(36)は語り続ける。
「孤高の存在の何かが、彼女の形を借りて俺の目の前に現れたんだ。
彼女は、人間じゃない。
汚れない彼女は、俺の全てを許してくれる。
そのために現れたんだ。
だから、俺は彼女を崇拝した。
俺は彼女を信じてた・・・」


まるで宗教。









って、桜井隆弘って誰だよ。





その3。
そして、男は女子高生と同じ存在になろうとした。

同じ存在と言っても、女装じゃないぞ。
宗教と同じで、神に近づこうと・・・


36歳の女装・・・('A`)ウヴォグレェー























(´ω`)・・・・・・

















(*´Д`)











カワイイ男の子だったらイイナ
と思った俺死ねorz


20060510022618.jpg














次回は実際の行動について。












え?続くの?Σ(゚Д゚)
  1. 2006/05/10(水) 02:28:46|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

某195

04 | 2006/05 | 06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。